半身浴のメリットと疲労回復のコツ

なぜ半身浴は身体にいいの?

 
38度~40度程度のぬるめのお湯に
胸(みぞおちあたり)から下だけ
20~30分ゆっくりつかる入浴法です。
 
  肩までつかる全身浴は、水圧により体にかなりの負担がかかります。
腹部が圧迫されると、横隔膜が押し上げられ、肺の容量が少なくなり息苦しくなります。また、血管が圧縮されると、血液がいっせいに心臓に向かうため、心臓が膨らみ、その分心臓に負担がかかってしまいます。
その点、半身浴では、上半身に水圧がかからないため、肺や心臓への負担が少なく、血圧が急激に上昇することもないので、高血圧の方や心臓、肺の弱い方には特に半身浴をお勧めします。
 
  体に負担をかけずにゆっくりつかる半身浴は体の芯まで温めることができます。
血行や新陳代謝がよくなるのはもちろん、 冷え性、腰痛や足のむくみ、そしてダイエットにも効果があります!
また、ゆっくりとリラックスしての入浴はストレス解消に最適です。
時間に余裕のある人は2~3回繰り返すと効果的です!
 
 
夏は38℃、冬は40℃程度のお湯に長くつかるのが効果的。浴室内の温度も前もって22~24℃ほどに温めておくとよい。
 
 
38℃のお湯に20分程度を目安に入浴する。血行を良くし、心身をリラックスさせることで不眠症は解消できますし、筋肉疲労も新陳代謝を促進し疲労物質を取り除いてくれます。
 
 
20~30分入浴した後、お湯と水のシャワーを交互に浴びるのが効果的!!
43℃のシャワーを3分、水に切り替えて5秒を5回ほど繰り返して行うといいですよ。
 
 
30分程度の半身浴、少し高めの40℃のお湯にへそから下だけ10分程度つかる腰湯等が効果的!!
急性の場合は、熱すぎると、一次的に痛みが和らいでも、後で再発することがあるので注意が必要です。
 

 

疲労回復のコツ 

 

なぜお風呂に入ると疲れが取れるの?

入浴して体が温まると、血液循環が良くなります。これによって、新陳代謝が活発になり、「こりや痛み」を引き起こす乳酸の排泄が促進されるためです。
さらにお湯の温かさや水圧による肌の心地よさ、浮力で体が軽くなり、水中にただよう安らかな感覚は、人間が本能的に持っている快感であるため精神的なリラックス効果も多大にあります。これらの総合的な作用で心身ともにリラックスさせ、疲れがとれるのですね。

 
  • 半身浴のススメ
  • お湯につかって軽い運動
  • うっかり長湯にご用心
  • 極端に疲れている時にはシャワー・足湯だけでも
 
浴室を自分がリラックスできるような空間にすることがポイント!
観葉植物を置いたり、好きな色でコーディネイトしたり、照明を好みの色にするなど。
 
 
入浴中は、自分の好きな音楽を聴いたり、本や雑誌を読むなど、好きなことをする。
歌を歌ったりすると、ストレス解消にも効果的!!
 
 
自分の好きな色、香りの入浴剤やハーブなどで気分をリラックスさせる
保温や保湿効果もあり、肉体的な疲労も解消できる。
 

 

椅子付き介護浴槽・ひまわり 車椅子のまま入浴できる・こすもす

資料請求・お問合せはこちらからお気軽にご連絡ください TEL:0985-78-5800

お問い合わせフォーム

全国に豊富な導入実績
半身浴のメリットと疲労回復のコツ
ドア付き浴槽についてよくある質問